SDGsへの取組み

SDGs(持続可能な開発目標)とは2015年9月の国連総会で採択された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。
当社もSDGsへの取組みを実践しております。

◆三井住友銀行のニュースリリースにて紹介されました。

1.省エネ性・耐久性に優れたメッシュベルト式連続熱処理炉の提供を通じた、製造業のバリューチェーンにおける環境負荷低減

目標7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに

7.3
2030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。

目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう

9.4
2030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術および環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。
全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。

目標12 つくる責任 つかう責任

12.5
2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用および再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

2.迅速なメンテナンス体制による顧客の生産性向上

目標8 働きがいも 経済成長も

8.2
高付加価値セクターや労働集約型センターに重点を置くことなどにより、多様化、技術向上およびイノベーションを通じた高いレベルの経済生産性を達成する。