Integrated Production

一貫生産システム

企画・設計から製作、据付、メンテナンスまで
東洋炉では、トータルに手掛ける生産体制を確立しています。

私たちが創るのは、規格化された工業炉ではありません。
設計・改良・機器選定などの全工程でお客様のご要望に細かく柔軟に応えています。

Step 1

営業・設計・企画開発

営業が受注してきた案件に対し、設計部が作図し提案します。事前のヒアリングや打ち合わせを繰り返すことで、単に規格化された工業炉ではなく、設計時の変更・改良や各部・各機器の選定などあらゆる工程でお客様のご要望にきめ細かく柔軟に応えています。そのためにも精度の高い図面を作成することで、現場での手直し・クレームの削減に向け努力しております。

Step 2

購買・製造・組立

各部品などを信頼のおける協力業者より購入し、製造組立工程へと進みます。稼働後の部品供給・メンテナンスの為の使用する各種部品についてはカルテベースとなります。また組立工程においては長年TOYO-ROが積み重ねてきたノウハウを活かして製造をしております。そしてトレーサビリティーの確立をする為に、各種チェックシートを導入しております。

Step 3

据付・試運転

全ての社員が、全てのお客様のために。TOYO-ROのモノづくりの思想を実現するために、担当者だけが把握しているのではなく、全てのお客様の情報を、全ての社員が把握できるよう、情報の共有化を進めております。もちろん営業や設計の担当者だけではなく、本社にいる事務員一人ひとりにまで意識を持ってもらい、同じように情報共有できる仕組みづくりを進めています。

Step 4

稼働・メンテナンス

仕様の最終確認後に納品、検収となり稼働となりますが、TOYO-ROではメンテナンス体制に重点をおいております。お客様の元で設備が稼働してから発生する修理・クレームにつきましては、各お客様の設備毎にカルテを作成しており、修理履歴も1ライン毎のカルテに管理しております。